成就院

成就院だより No.10 「季節外れの桜」

 

お彼岸も過ぎ、10月に入り秋の気配を感じるようになりました。

 

成就院境内の紅葉はまだですが、鐘楼堂隣の枝垂れ桜にポツポツとピンク色の蕾が…?

 

枝垂れ桜

枝垂れ桜

 

落葉が早かったことと不安定な気候のためか、枝垂れ桜が春と勘違いしたのでしょうか?

 

この秋は行事で各地に行きますので、色々な写真を載せていきたいと思います。

成就院だより No.8 「全真言宗青年連盟第37回結集高野山大会」

去る平成28年10月18日(火)、全真言宗青年連盟第37回結集高野山大会で、高野山金剛峯寺におきまして法要を勤修いたしました。全真言宗青年連盟とは全国の真言宗各派の青年僧で構成される組織であり、青年会(青年僧の組織)における結集(けつじゅう)とは青年僧が集いともに研鑽を積む行事です。年間に1,2回のペースで開催されます。


14608950_700242990151245_367420204430507515_ocvhrdwhvyaa23ci

高野山大会では、当山の属する真言宗智山派をはじめ、高野山真言宗、真言宗豊山派など、青年僧侶たちが会派ごとに各お堂で法要を執り行いました。高野山金剛峯寺にはお堂がたくさんあり、これは曼荼羅の世界を表しており、壇上伽藍と言われています。壇上伽藍は弘法大師空海が高野山を開創された際、最初に整備をした場所です。私たち真言宗智山派の青年会・智山青年連合会は、西塔で理趣三昧法要を勤修しました。高野山真言宗以外の青年僧にとっては、壇上伽藍で法要を行う機会は滅多にないため、非常に貴重な体験となりました。唐に渡り密教を日本に伝えて真言宗を開宗した弘法大師空海を始め、多くの真言宗の祖師たちがいたからこそ、現在の我々や檀信徒の皆様がいるのだと思い、改めて深く感謝をすると共に、より一層身の引き締まる思いでした。14681611_700244090151135_6315118734144295327_n

成就院だより No.7  「全日本仏教青年会 仏法興隆花まつり千僧法要」

去る平成28年4月26日、全日本仏教青年会主催の仏法興隆花まつり千僧法要に出仕しました。全日本仏教青年会とは、宗派や地域の垣根を超えた日本全国の青年僧侶による団体です。

仏法興隆花まつり千僧法要1

当日は気温が28度近くまで上がる夏のような天気でしたが、日本全国から600名を超える僧侶が集い、仏法興隆、世界平和、災害物故者への心からの祈りを捧げ、特に4月14日に発生いたしました熊本地震の支援の思いを誓い合いました。

仏法興隆花まつり千僧法要2

成就院だより No.6  「成田山新勝寺 初詣」

あけましておめでとうございます。

 

旧年中は成就院護持発展の為にご尽力頂きましたこと感謝申し上げます。

 

去る1月3日(日)、真言宗智山派の大本山である成田山新勝寺に団参初詣に行ってまいりました。全国の寺院のうち最も多くの参拝者が訪れる成田山新勝寺。成田山の御本尊不動明王は、真言宗の開祖である弘法大師空海が自ら祈りをこめて敬刻開眼された御尊像です。参拝者は不動明王にそれぞれの願いや祈りを捧げ、「祈るところ必ず霊験あり」というように、不動明王は必ずご利益を授けてくださいます。

成田山新勝寺 山門

 

当山の本堂東側にも六地蔵と並んで不動明王像がおられます。お墓参りの際など、願い事や祈りを捧げてはいかがですか。

副住職に就いてから早数年、まだまだ未熟な私ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。